髪の水分量が増えるなら乾かす時間も長くなる!?ドライヤーにかかる時間を徹底比較!


こんにちは!シャワーレボリューションです!

シャワーレボリューションとは、田中金属のボリーナを広報すべく任命された特命隊です!
私たちが任命された様子は、こちらの記事をご覧ください★

田中金属社長直々に任命!? ゆけ、ボリーナ普及委員会!!

みなさん、ボリーナって本当にいいの?って思って今この記事を読んでいるのではないで
しょうか??
ここでまず、田中金属が作るボリーナの特徴(宣伝文句?)を整理しましょう!!
特徴は大きく 3 つ!!

まずひとーつ!
洗浄効果!!

ふたーつ!
保湿(水分量 UP)効果!!

みーっつ!!
保温効果!!


今回はそのふたつめ、保湿&水分量 UP 効果を検証しようという企画です!!
ボリーナ的には“ウルトラファインバブルは浸透力が高いから、
お肌や髪の水分量が UP する”と言うのです。

いやはやいやはや……。
”保湿”や“水分量”と聞いて思いつくのは化粧水とか乳液を塗った後に
お肌がしっとりもちもちになったり、美容院でトリートメントをしてお肌がしっとり♡とか
そんな感じではないでしょうか。

あとはハンドクリームとかボディクリームとかもそうですね。
何かを塗って、それで実感するのが一番シーンとしては多いと思います。

私もシャワーで水分量なんて上がるのかね?と思いながら家のボリーナ使ってます。
でも、水分量なんてなにでどうやって測るのか、家にあるもので実感しやすいものでないだろうか?
私たちは考えました。企画会議で、わきゃわきゃしながら考えました。

ウルトラファインバブルを試したいならまずはコレ!ボリーナワイド

「水分量が増えるなら、シャワーの時間も増えるはずだよね?」

そして生まれたこの記事です。
私の髪は鎖骨くらいの長さなので、乾かすのもめっちゃ大変なわけでもないし、かといって
簡単に乾きすぎる長さでもないので、実験にはとってもちょうどよい!!

ということで、さっそく実験してみましょう!!

実験方法!

まずは実験方法です!!

1 日目のシャワーはボリーナ。
2 日目のシャワーはもともとある普通の。


いつも通り、シャンプーとトリートメントをして、水が滴らないくらいまでタオルドライします。

また、検証に差が出てしまわないように、通常タオルドライ後に使用するヘアオイルは使用しません。

水と油っていうのでつける量の差で乾きにくくなる気がして……。
そして、タオルの吸水性で変わってしまうのもこれまた困るので、我が家で唯一の 2 つあるタオルを使用することにします。

このタオル普通のバスタオルより分厚くて、何度洗ってもふわふわでとてもお気にいりなんです~。
大きい分洗うの大変なんですけどね(笑)

そしてもちろん、ドライヤーも同じもの!!
今回使うドライヤーはこちら!!

P 社さんの有名なあの子です。2~3 年前のモデルです。
どうやらこの子も保湿効果あるらしいのでちょっとあれですが、まあ同じものを使うならそんな影響ないでしょう!

ということでこの内容で実験してみたいと思います!!

乾かし方

乾かし方も統一します!!

①タオルドライ後にブラシを通す
②前髪→地肌→根本→中間と全体→毛先→もう一度ブラシ
③乾いてない部分を乾かす
④冷風

まあ、私のいつもの乾かし方なんですけどね。
これが美容的に正解か不正解かは置いておきまして、腰までのロングを 3 年間維持していた私的には効率のよい乾かし方なんです。

豆知識
しかも仕上げの冷風は、濡れて開いた髪のキューティクルがきゅっと閉まるのでツヤが出ますし、きれいに乾かした状態を記憶してくれやすくなるのでとてもおすすめです!
根元から毛先に向かって手でなでるようにしながら、上から下に向けて冷風を当てるとさらに良いです!!
ちなみにオーバードライという髪の乾かしすぎは、本当に髪がパッサパサになるので、カラーなどしている方は特にお気をつけくださいね☆
そして自然乾燥も開いたキューティクルのまま摩擦にさらされるとこれまた傷むので、で
きればドライヤーで 8~9 割くらいまでは乾かしてあげるのが良いですよ!!

さて、おまけ情報はさておいて続きです。

今回の実験はブローなし!
そして何をもって乾いた判断するかというともうそれは触って全体どこも湿り気を感じない状態だったら OK にします!

れっつ実験 ~1日目 ボリーナシャワー~

さてまずは 1 日目、ボリーナシャワーです。
みなさんはお風呂で何してますか??
お風呂ではもっぱらカラオケタイムです。もともとの声もですけど、歌習ってたこともあって声がでかいのでただただ近所迷惑タイムです。
親によく怒られるけど懲りずに歌います。だって楽しいのだもの。

さてさて、しっかり髪を濡らして、全身洗って、シャワータイムが終わりましたよ。
ちなみに髪の長さこれくらいです。

すっごい半端な長さ!!
切るタイミングのわからない長さです、ハイ。

そしてそして、乾きました。

いつも通りの仕上がりです。
むしろ内巻きになっているのでナイスな仕上がりです♪

かかった時間は……
6 分 0 秒!!

さてさて次は 2 日目です。

れっつ実験! ~2日目 普通のシャワー~

さて、映画を見たり、友人と電話したり、ゆったりした休日の夜です。
久しぶりに普通のシャワーを使います。

実は我が家のシャワー、落としたり経年劣化で一度シャワーヘッドが壊れてしまって買い
替えています。父が水圧重視なのでかなり勢いがあるシャワーです。

ボリーナに慣れてしまうとめっちゃ強い(笑)
お肌への圧がやばいです、毛穴めっちゃ開きそう……。

豆知識
これまたちなみにの話なのですが、顔を洗う時にシャワーを直接当てて当たってしまうのは、
通常のシャワーではあまりお勧めしません。
勢いが強すぎて毛穴が必要以上に開いてしまったり、刺激が強すぎてシミを作るもとになっているメラニンが生成されてしまう原因になることもあるので、シミやたるみに悩む方はちゃんと手ですくって洗顔しましょう★

さて、2 日目のシャワーが終わりました!!

本日もしっかり濡れてます。

そしてしっかり乾かします。

あら、今日は外ハネですね。くせっけの機嫌がさっぱりわかりません!!

乾かすのにかかった時間は
4 分 52 秒!!!

おおお!!ちょっと短い!!!
1 分ちょっとも!!!


これは・・・・!!!?

実験結果まとめ

ここまでお付き合いくださった皆様ありがとうございます!!

★★結果★★
ボリーナシャワー
6 分 0 秒!!

普通のシャワー
4 分 52 秒!!

1 分 8 秒、普通のシャワーの方が短い!!

これはきっと髪の長さが長いほど差が開いてくると思うので、ボリーナシャワーの方が水分量が高かった!と言ってよいのではないでしょうか!!?
そして今回こうしてちゃんと比較してみて気づいたのですが、ボリーナで洗った日の方が毛先のぱりぱり感というかガサガサ感がなかった気がします。
久しぶりに普通のシャワーで洗ったら毛先がガシガシで。
ノンシリコンのオーガニック系のシャンプーとトリートメント使っているからオイルなどでの保湿が結構鍵を握っている私の髪。
今回オイルなしで乾かすという状態でも毛先が気にならないのは圧倒的ボリーナでしたね。

あ、でもこれはあくまでも個人的な感想で効果を保障するものではないので、変わらないん
だけど!!というクレームは泣いちゃうのでご遠慮くださいねえええぇ……!!

他にもいろんな角度から検証しているので、気になる方はぜひ他の記事も見てみてくださいね!!
そしてまだまだオモシロ実験を展開していくので、気になる方はブックマークして要チェックです!!

ではでは!
シャワーレボリューションでした♪